催事・展示会

ワークショップ 四海波 花籠(しかいなみ はなかご)

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

今日は以前のブログでも取り上げたワークショップ「四海波 花籠」について、
より詳しくお伝えしていきます。

ワークショップメイン画像
四海波というのは竹かごの編み方の1種でたくさんの種類がある竹かごの編み方の
中でも初心者向けの編み方です。

初心者向けといっても見た感じ、とても複雑そうですが、BAICA主宰で今回のワーク
ショップでご指導をお願いする大橋重臣さんにお聞きしたところ、編み上げるだけなら
初心者の人でも1時間半から2時間で作ることができるそう。
上手い人だと1時間で作り上げてしまう人もいるそうです。

花籠1
大橋さんはこれまで竹細工のワークショップの指導を多く手がけてこられた方ですので、
手先に自身がない方でもきっと上手に指導して頂けると思います。

竹かごを編むには、本来、竹を割いて、あらかじめ水に浸して柔らかくしておく必要が
あるのですが、今回のワークショップでは水につけて竹を柔らかくしておく段階までは
こちらで準備を行います。

参加者の皆さんには大橋さんの指導のもとに
竹ひごを編み始めるところから始めて花籠を形作ってもらいます。

出来上がった花籠はお持ち帰り頂き自宅でご使用頂けます。
これからの季節お正月飾りとしても使えそうですね!

使用イメージ
サイズも小ぶりなので、玄関先やテーブル、デスクの上に飾っても絵になります。

使用イメージ
本来の花籠としての用途のほかにも小物入れとして使ったりしても面白いと思いますよ。

ご参加頂く為には申し込み用サイトかもしくは、お電話にて事前にご予約を頂く
必要があります。現在、10月31日の第1回目2回目は既に満席となりましたが、
31日の第3回目(16:00~18:00)11月1日の第1回目(10:00~12:00時)
2回目(13:30~15:30)第3回目(16:00~18:00)はまだ空きがありますので、
ふるってご参加ください。

竹ひごで作る、花かごのワークショップを開催します

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

もうすぐ10月、毎年恒例の東京デザインウィークが催されますね。

この時期にあわせて、メトロクスでは竹工芸の魅力をお伝えするエキシビジョン

bamboo works ─世代と国境を越える竹工芸─」を開催します。

10月31日(土)と11月1日(日)には、竹を編んで花かごを作るワークショップも開催!

 

バンブーワークス ワークショップ 花籠

こちらが今回のワークショップで作る花かご「四海波(しかいなみ)」です。

コロンとした玉のようなフォルム。

 

ワークショップ バンブーワークス 四海波 花籠

こちらは過去のワークショップで竹ひごを編んでいる様子。

見たところ、使う道具は霧吹きとハサミくらいでしょうか。

竹ひごひとつで立体的に編み上げるところがわくわくしますね。

 

バンブーワークス ワークショップ 花籠

もちろん!完成した花かごはお持ち帰りいただけます。

ワークショップは予約制ですので、ぜひお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

【お申し込みはこちらから】

 

バンブーワークス

竹を用いた照明づくりの第一人者・近藤昭作さんが1960年代に発表し、のちに

職人の後継者不足により惜しまれつつも生産終了となった「竹のあかり」シリーズは、

別府の若手竹職人へ技法を継承することで今年復刻が実現しました。

 

今回のエキシビジョン「バンブーワークス」では、近藤昭作氏の仕事を中心に、

大橋重臣氏を中心とする別府の若手竹職人グループ・BAICAの活動もあわせた、

世代を超えたマイスターたちによる伝統工芸とモダニ ズムの融合をテーマとしています。

両氏の作品の他、アンジェロ・マンジャロッティのバンブーランプシリーズの展示や、

ノグチ財団の依頼により近藤氏が手掛けたイサム・ノグチのバンブーバスケットチェアの

制作経緯を試作サンプルと共に紹介します。

ワークショップ以外にも見応えのある展示となっていますので、

ぜひ他のデザインウィークの催し物とあわせてご来場ください。

お待ちしております!

 

 

 

 

 

コレクションマーケット開催中

こんにちは。メトロクス・シンカイです。

16日から開催しているエキシビジョン コレクションマーケットの中から、
今回は、30~40年代の切子ガラスコレクション
オールド切子」をご紹介させていただきます。

江戸切子 アンティークガラス 切子ガラス

光を包み、やわらかな色彩を放つ切子は、
鮮やかで美しく、切子最大の魅力となっております。

江戸切子 アンティークガラス 切子ガラス

深くすいこまれそうな青。小さめのグラスです。
52.タンブラー 青 ¥2,700

江戸切子 アンティークガラス 切子ガラス

朝焼け色に染まった美しい器
79.大皿 赤 ¥9,720

江戸切子 アンティークガラス 切子ガラス

淡くやわらかい、透き通る蒼
69.お猪口 水色 各¥864

 

いずれの商品もお電話・メールでのご注文も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

この他にもデザインやカラー含め、全部で約60種類、120点以上のご用意がございます。

合わせて古いデザイン本も、店舗の一角にスペースを設け、300冊の書籍を一同に展示しています。
COLLECTION MARKET オールド切子と建築・デザインの本

コレクションマーケットは5月30日まで!!

リニューアルした、メトロクス東京に是非ご来店ください。

古き良き時代の名作が並ぶ、コレクションマーケットと共に、
お待ちしております。

「おおいたの土と木と竹と、」 甲斐のぶお工房 展示会のお知らせ

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

本日は、展示会のお知らせ。

来週3月23日(月)~28日(日)まで、
うおがし銘茶・築地新店
茶の実倶楽部 5Fスペース「会」
にて
大分県の作家さんのグループ展
「おおいたの土と木と竹と、」 が開催され、
メトロクスでお取扱いさせていただいている
甲斐のぶお工房さんが出展されています。

こちらの展示会は、
大分で活躍する作家さんの作品を集めたグループ展。

甲斐さんの作品の他にも、
陶器や木の作品が多数出展される予定です。

そして、3月22日(日)には、
大皿料理とワインのお店「アミメキリン」さんで、
今回ご出展される作家さんの作品を実際に使い、
おばんざい料理に、由布院の食材を取り入れた料理、
大分のお酒にお茶をいただくことができる、
考えただけでよだれが出てくる、
素敵なイベントも開催されるそうです。
詳細は、こちらから!

こちらの締切は、明日18日迄だそうですので、
ご興味がある方は、どうぞお早めに!!!

甲斐さんのカトラリーは、
メトロクスでも根強い人気の商品。
展示会では、メトロクスで定番で取扱している商品以外の
アイテムも販売されていますよ。

以下は、メトロクスで取扱中の人気商品たち。


スプーンフォーク


ピック3種マドラー

いずれも、メトロクスオンラインショップで販売中です!!

「清岡幸道 陶展」に行ってきました

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

先日、川崎のATTRACTさんで開催されていた清岡幸道さんの個展に
お邪魔してきました。ATTRACTさんは木材やアイアン等の素材の良さを
活かしたオーダーメイド家具を製作されているインテリアショップ。

ATTRACT 店内
元、スナックだったという店舗は天井が高く広々とした解放感のあるお店でした。
お店のフロントの青いフレームのウィンドウはオープンの際に制作されたものだそう。

耐火フライパン
お店に入ってすぐ右手にはメトロクスでも取り扱っている耐火フライパンがありました。
左隣にあるものは、昨年のクラフト市でメトロクスでも入荷した錆釉ジャグでしょうか?
コンクリートブロックと無垢板の什器ともマッチしています。

ATTRACT 店内
壁面の什器にはリム鉢やボウル、C&S等、清岡さんの作品が陳列されていました。
どれもシャープで、釉薬の色味の渋さも魅力です。

ATTRACT 店内
見慣れない一輪挿しも発見!
写真だとなかなか、伝わりづらいですが、錆色の釉薬の中に
金属質の光沢のグラデーションが入っていて面白い表情の一輪挿しでした。
これはほんとに購入しようか迷った作品です。
最終的にはマグカップを購入させて頂いたのですが。

耐火スープボウル
耐火スープボウル耐火グラタンボウルも置いてありました。
耐火物は清岡さんを代表するジャンルの1つですね。
お聞きすると、今回の個展では耐火物以外の器のほうが人気があったんだそうです。
清岡さんの作品がお好きな方は、まずはじめに耐火物に惹かれ清岡さんの作品を知り、
そこから、いろんな種類の器に興味をもたれる方が多いそうです。

今回の個展はとても好評だったそうで、途中で追加発注を掛けなければならない
ほどだったそうです。お店の雰囲気と清岡さんの作品がマッチしていて
とても素敵な空間でした。