催事・展示会

ハラダマホ ギャラリートークへのご来場ありがとうございました

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
練り上げ作家 ハラダマホ展」会期中のメトロクス東京にて
24(土)にハラダマホさんをお招きして、ギャラリートークを催しました。
本日はその様子のレポートです。

ハラダマホ ギャラリートーク
会場の様子。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
奥がハラダマホさん、手前はメトロクススタッフ。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
スクリーンに映し出されているのは、日本陶芸展に入賞したときの作品です。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
自然豊かな熊本県の山中にハラダさんのアトリエはあります。
どれだけ山奥なのかというアピール(笑)と創作活動に影響を与えているという、
歌手の大滝栄一さんのラジオの話など、愉快なお話しが続きます。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
ハラダさんのご実家の棚田。
この棚田の風景からインスピレーションを受けることもあるんだとか!

 

ハラダマホ ギャラリートーク
創作活動に影響を与えたという水木しげるの妖怪本。
なんともハラダさんらしいセレクトです。

 

練り上げの器ができるまでの工程を、比較的、単純でわかりやすい
「白樺」模様を例にご説明いただきました。

ハラダマホ ギャラリートーク
素材の色のままの土と黒い顔料で色付けした土。
色付けするにも、粘土に顔料をまんべんなく練り混ぜるという大変な作業!

 

ハラダマホ ギャラリートーク
2色の土をスライスしては重ね・・・を繰り返していき、
このような模様の塊が出来上がります。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
できあがった塊からスライスし、扇型に整えます。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
石膏型に貼り付けて成型していきます。

 

合わせた粘土と粘土を馴染ませるには何か月も寝かせるそう。
やはり、一番興味があるところだったようで、皆さん食い入るようにご覧になっていました。

練り上げは、成形した器にデザインを施す絵付けの器はと違い、
成型前の土に色付けし、それらを組み合わせて図柄を作っています。

金太郎飴や巻き寿司をイメージしていただくとわかりやすいでしょうか。
だからこそ、思い描いた図柄に仕上げるには、緻密に計算された図面が重要なんですね。

この工程を知ってから、複雑な模様の作品を手に取ってみると、
いかに根気の要る作業で、いかに精密性に問われる繊細な作品であるかが
よく分かり、その技術に脱帽し、ため息が出ます。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
ハラダさんの作品の特徴のひとつとも言える、図柄のユニークなネーミングについて
方眼紙に描かれた図案とともに解説中。
投影されている器は「水面(みなも)」。

 

ギャラリートークの最後には、ハラダさんのご自宅の畑で取れたおいしいお茶と
ハラダさんお手製の「朝鮮飴」(美味!!!)を愉しみながら、歓談。

ハラダさんのおもしろいトークと温かいお人柄に触れ、
皆さん、より一層ファンになっていただいたようです!(我々も!)
たくさんの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

 

ハラダマホ ギャラリートーク
残念ながら、ハラダさんの在廊日は終了してしまいましたが、
31(土)までは、たくさんの作品の他、影響を受けたものの参考文献や
制作に使う道具一式など見応えのある展示物もご覧いただけ、
販売アイテムもまだまだございます。

ぜひ、会期中に足をお運びください。

ハラダマホ展 特設ページはこちら

『練り上げ作家 ハラダマホ展』開催のお知らせ

あけましておめでとうございます。
メトロクス・オノデラです。
さて、2015年、新しい年のはじまりです。

今年初のエヌクラフツブログは、
メトロクス東京のショップにて1月17日(土)から開催する
ハラダマホさんの個展
『練り上げ作家 ハラダマホ展』のお知らせです!

ハラダマホ展

今回のエキシビジョンでは、
練り上げ作家 ハラダマホさんの
個性的でユニークな図柄・モチーフが
いかにして生み出されるか紐解いていきます!

エキシビジョンで展示するのは、
ハラダさんの新作 約100点の他、
これまでに製作してきた過去の作品 約50点、
作風に影響を与えた私物、
練り上げの製作工程や道具に材料、
柄の図案、
などなど・・・。

ハラダさんの脳みその中身をのぞかせていただきながら、
作品に対する思いを感じていただくことで、
より深く作品にご興味を持っていただければと思います。

また、1月24日(土)には、
熊本からハラダマホさんをお招きして、
ギャラリートークを開催いたします。
———————————————————————-
●開催日時:2015年1月24日(土) 14:00~
●定員:30名
●会場:メトロクス東京
●参加費:無料
●申し込み先:受付専用サイトはこちら
または、お電話でのお申込みも承ります。
メトロクス東京(TEL:03-5777-5866)
※イベント終了後、ご参加いただいた皆さまに
ハラダさんの器でお茶とお茶菓子をご用意しております。
———————————————————————-
作陶活動についてご質問・ご意見などをお伺いしながら、
ご歓談の場を設けてまいります。

ちなみに、
このたびのエキシビジョンのDMになったマグカップの模様は、
「サバンナ」
!!!
サバンナ・・・・ですよ。
ユーモア溢れる独特なネーミングセンスについても
いろいろお伺いしちゃいます。

また、今回限りのうれしい特典。
お買い上げ10,800円(税込)以上のお客さま 先着30名さまに
ハラダマホさんに特別に製作していただいた
練り上げの豆皿をプレゼントいたします!

ハラダさんの過去から現在までの作品、
そして製作工程を一斉に展示するのは、
このメトロクスでのエキシビジョンがはじめてとなります。

「練り上げ作家 ハラダマホ展」は、
1月17日(土)~1月31日(土)
※作家在廊日:24日・25日

※会期中は、1月25日(日)もオープンいたします。

ただいま、小売スタッフ総動員で準備中!

ぜひぜひ、見にいらしてくださいね!
おたのしみに!

練り上げ作家 ハラダマホさん 個展のお知らせ

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

本日は、展覧会のお知らせです。

11月22日(土)~30日(日)まで
京王井の頭線 駒場東大前駅にある、
日本のやきもののお店  草堂さんで
『ハラダマホ  練り上げのうつわ展』が開催されます。

この個展のために、新作も多数出展されているそうです。

22日、23日は、ハラダマホさんも熊本から上京し、在廊しております。
22日15時から、成田洋子さんによる朗読会「羊文庫」も開催予定とのこと。

草堂さんでの個展は、毎年恒例。
毎年、この時期が訪れると、
ああ、冬が近づいてきたなぁとしみじみ思います。

過去のハラダさんの個展レポートはこちらから。

—————————————————————
・2013年 メトロクス『クラフト市』

第4回クラフト市~ハラダマホ 練上げの器~始まりました

第4回クラフト市~ハラダマホさん 練上げの器~:器紹介

・2012年 草堂さん『ハラダマホ 練り上げのうつわ展』

【ハラダマホ 練り上げのうつわ展】と【清岡幸道展】に行ってきました

・2011年 草堂さん『ハラダマホ 練り上げのうつわ展』

ハラダマホさんの個展に行ってきました

・2010年 草堂さん『ハラダマホ 練り上げのうつわ展』
http://metrocs.jp/n-crafts/blog/?p=958
—————————————————————

 

草堂さんの近くには、日本民芸館や、
ル・ルソール という、とてもおいしいパン屋さんもあります。

この週末は、駒場東大前の散策をしてみてはいかがでしょうか。
みなさん、ぜひおでかけください!

草堂
〒153-0041
東京都目黒区駒場3-11-10
TEL:03-5453-6046

11月22日(土)~30日(日)
11:00~19:00
※25日(火)はお休みとのことです。

おまけ

草堂さんでのハラダさんの個展は、
私はいつも、ハラダさんが在廊するタイミングにあわせて
お伺いするようにしています。
理由はというと、
ハラダさんにお会いできてうれしいというのはもちろんのことなのですが、
ハラダさんと、草堂の店主 関口さんの息の合った、
ユーモア溢れるおしゃべりもひそかに楽しみにしているからです。
ぜひハラダさんの在廊日に行かれることをおすすめいたします 笑。
ハラダさんのお人柄に触れるよい機会ですよ。

伊藤丈浩さん 5年ぶりの個展! 『kind of』

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

先週末10月25日(土)から吉祥寺のmist∞(ミスト)さんで開催されている、
益子在住の作家、伊藤丈浩さんの個展にお邪魔してきました。

伊藤さんの個展は、なんと5年ぶりの開催です。

2011年の震災や、お子さま誕生にともなう育児、
工房のお引越し、ご自宅の新築など、いろいろな要素が重なり、
前回の個展から気づけば5年も経ってしまっていた、と伊藤さん

今までのスリップウェアに加え、
今回は新たな技法の作品も初お目見えです!

伊藤さんに今回の新作について、
いろいろとお話しをお伺いしました。

新たに加わった要素は、
小鹿田焼などにも用いられる加飾法、「刷毛目」という技法を用いていること。
ろくろを使った成型をしていること。
地元栃木県で採掘される大谷石を用いた釉薬を使用していること。

「刷毛目」模様について。
ろくろで成型した土に、一度下地となる白土を掛けて、
刷毛で凹凸(模様)を付けて乾かした後、上から、違う色の釉薬を掛けます。
表面の釉薬を削ると、
はじめに刷毛で凸凹を付けた、凹の部分に上からかけた釉薬が入り込み、
凸の部分には白土が残り、模様ができるそうです。

刷毛目のリズムが気持ちよく、
釉薬と白土のコントラストがとてもきれいです。

マグカップやポットの取っ手が
のびのび自由な形でおもしろいです。

新作だけではなく、もちろん今までのスリップウェアの作品もあります。

新作を製作していくにあたり、
今までのスリップウェアの作品といっしょに展示したときに
違和感がないようにすることも意識されたそうです。

スリップウェアの作品の中に、
大谷石を砕いた釉薬を用いて製作された作品があります。
今までのスリップウェアと少し印象が異なり、落ち着いた色合い。
模様は、滲んでいるような仕上がりで、とても味わい深く感じました。

伊藤さんの個展は、10月31日(金)まで開催されています。
伊藤さんの新しい作品にたくさん出会えます。
みなさま、ぜひぜひmist∞さんへ足を運んでみてください!!

メトロクスにも、伊藤さんの作品が再入荷しておりまよ。

おまけ

私は、スリップウェアのフラワーベースを購入しました。

このフラワーベースは、
平面ではなく、垂直な面にスリップウェアの模様がついています。
ろくろに乗せて回しながら、息を止めて、いっきに一本の線で模様を描くそうです。
平面ではなく、垂直な面に模様をつけていくのは、
同じように描こうと思っても、なかなか描けないとのこと。
そのときにしかできない、偶然にできる模様はおもしろいですね。

さっそく使っています。
おいしそうに見えるのは私だけでしょうか。

銀座・手仕事直売所&銀座目利き百貨街3のお知らせ

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

本日は、催事のお知らせです。

9月25日(木)~9月30日(火)まで、松屋銀座8階にて、
毎年恒例になりつつある
銀座・手仕事直売所」と「銀座目利き百貨街3
が開催されます。

まずは、「銀座・手仕事直売所」。

私自身も、毎年たのしみにしているイベントのひとつです。
毎年出展するのをたのしみにしている作家さんもいらっしゃいます。

今年は、大谷哲也さん、スタジオプレパさん、鈴木稔さんも出展されます!
作家さんが店頭に立って販売している日もあるので、
実際に作家さんとお話して購入できるというのもたのしみもあります。

今年は、スリップウェア製作体験や、琉球張子の絵付け体験などの
ワークショップも開催されるようです。

催事内容も作品も、とても充実したイベントです。
たのしみだなぁ。

そして、手仕事市と並行して開催されている、「銀座目利き百貨街3」。

日本デザインコミッティーによるイベントで、今年で3回目の開催になります。

初年度は、渡辺力さんのお店に、リキスツールを出展していただいたり、
会場内のイスとしてリキスツールを使用していただいたりと、
メトロクスでも大変お世話になっているイベントです。

今回も、50名のそうそうたる方々のお店が出現します。
みなさんの名前が一挙に羅列されているのを見ると、
毎年、ぞくっとしますね。

それぞれの審美眼により選ばれた商品を購入するのはもちろん、
それぞれのお店につけられている屋号をみるのも
毎年たのしみにしています。必見です!

関連イベントとして、
原研哉さん、佐藤卓さん、小泉誠さん他による、
トークショーも開催される予定とのことです。

詳しくは、デザインコミッティーのホームページを確認してみてください。

デザインコミッティーのホームページはこちらから。

ぜひ、みなさん、週末は、ぜひ松屋にお出かけしてみだくさい!

松屋銀座8階イベントスクエア
期間:9月25日(木)~9月30日(火)
10:00~20:00まで(最終日は17:00まで)
※銀座・目利き百貨街3は、入場料800円となります。