芹沢銈介

2016年もn-craftsをありがとうございました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

今年も残すところあと僅か。
2016年もご愛顧いただき誠にありがとうございました。
今年もn-crafts@metrocsでは、みなさまにさまざまなアイテムをご紹介することができました。
ご紹介した順番で振り返ってみましょう。

ハラダマホ 練り上げの器 四角取皿
メトロクスでのハラダマホさんの定番アイテムが増えました。

morning

morning_01

近藤昭作 SKランプ 鐘型
1960年代に近藤昭作氏によってデザインされたSKランプを
氏自らが形をアレンジした同シリーズの新作。
メトロクスが近藤昭作氏に依頼し、商品化が実現しました!

SKbell

SKbell_01

■ツルヤ商店×トラフ建築設計事務所×メトロクス 壁掛けミラー wawa
メトロクスオリジナル商品。
伝統的な籐加工技術をモダンにアレンジしている点、
素材本来の美しさが生かされている点を評価していただき、
2016年度のグッドデザイン賞を受賞いたしました。

wawa

wawa_01

■芹沢銈介模様 のれん
人気のハンカチや風呂敷に加え、のれんがラインナップに加わりました。

serizawa

serizawa_01

ツルヤ商店 脱衣かご Hile
wawaを制作していただいたツルヤ商店のオリジナル商品。
国内生産だからこそ可能な「無塗装仕上げ」。
使い込むほどに飴色の艶が増し、独特な風合いに変化していきます。

hile

hile_01
hile_02
hile_03

個人的には、商品開発を担当した「wawa」には強い思い入れがあります。
(毎晩夢を見るくらい、苦労しました・・・涙)
今まで古い資料や当時の製品の復刻事業を中心に行っていたメトロクスにとっては、
デザイナーとともにゼロからプロダクトを作り上げたことは、新たな試みでした。
今後のメトロクスの展開においても、デザイナーと作り手をつなぐこのプロジェクトは、
非常に意味のあるものとなりました。

本年も、お客様をはじめ、商品をご提供いただいているメーカーのみなさん、
作家さん、製作協力している工房のみなさんなど、
多くの皆さまに支えられて、一年を過ごすことができたことを心よりお礼申し上げます。

来年もさまざまな取り組みを行ってまいりますので、どうぞご期待ください。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

年末年始の営業日のお知らせ

メトロクス東京は、12月28
日(水)~1月5日(木)まで休業とさせていただきます。
新年は1月6日(金)から営業いたします。

※12月28日(水)、29日(木)と1月5日(木)は、定休日となっておりますが、
店にスタッフがおりますので、店内をご覧いただけます。お気軽にお申し付けください。

使い込むほど魅力が増す、丈夫な和紙

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

富山県の八尾で良質の和紙を漉き出している工房、桂樹舎(けいじゅしゃ)
越中八尾は、江戸時代から良質な和紙をつくる産地として知られています。

桂樹舎の創業者である吉田桂介氏は、
柳宗悦の民芸理念に教えを受け、手漉き和紙作りを一生の仕事と決意し、
さらに芹沢銈介に長年和紙を提供した縁から、
1946年から現在もなお芹沢型染カレンダーを制作しています。
2017年のカレンダーはこちらから!

本日は、桂樹舎が独自に作り出した丈夫な和紙に、
桂樹舎オリジナルの
アフリカやアイヌ民族の工芸品などにも影響を受けながら生み出された
型染めによる模様を施したアイテムをご紹介します。

和紙なのに防水性があり、
クッションや鞄に使えるほどの耐久性があるのが特徴です。
印刷とは違い、染料が方の内部まで浸透し、
シワや、折れ曲がってしまってもキレイな柄を維持できる型染め技術により、
折れ曲がっても白くなったりしません。
桂樹舎では、一つ一つ手作業で型染め作業を行っています。

型染めの仕上がりは、印刷では出せない
温かい独特の風合いを生み出します。
使い込んでいくうちに手触りがやわらかくなり、
艶が出てくるのも魅力のひとつです。
アイテムのご紹介。

ペン立てと楊枝入れ

ペン立て

左から、ペン立て(大)ペン立て(小)楊枝立て
ペンのみならず、カトラリーやキッチンツール入れとしても使えますよ。

次は、はがき箱文庫箱

ハガキ箱と文庫箱

文庫箱

文庫箱は、一般的な厚みの文庫本なら10冊程度入れることができます。
ハガキ箱は、ハガキがちょうど入るサイズ。
ハガキだけでなく、文庫本も入れることができるサイズです。
年賀状の仕分けなどにも重宝しそうですね。

次は、名刺入れ

名刺入れ_01

名刺入れ_02

マチがついているので、名刺20枚程度は余裕で入ります。
名刺はもちろん、ポイントカードを入れたりすることもできますね。
ギフト箱入りなので、プレゼントにもおすすめです。

そして最後に、メモ帳
手のひらサイズで、ポケットにも入れることができるサイズです。
外側の和紙はブックカバーのような構造になっているので、
メモを使い切った後は、サイズが合う市販のメモを入れて
繰り返し使用することができますよ。

ポケットノート_01

ポケットノート_02

桂樹舎アイテムは、メトロクス東京の店頭と
メトロクスオンラインショップでもお買い求めいただくことができますよ。
期間限定なので、ご検討の際はお早めに!

おまけ

2010年(6年も前!)、桂樹舎にお伺いした際に撮影した写真です。
工場に併設されている「桂樹舎和紙文庫(紙の工芸館)」には、
桂樹舎の創業者である吉田桂介氏が世界各国から集めた民芸品が展示されていました。

とても素敵な空間です!!

芹沢銈介カレンダー2017、入荷しました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

秋刀魚がおいしい季節になりました。
あっという間に、
今年も残すところあと4ヶ月。。。

毎年、この時期の恒例、
来年2017年の 芹沢銈介の卓上カレンダーが発売になりました!

カレンダー

染色工芸家で人間国宝でもある芹沢銈介の図案を用いた
2017年度版の卓上カレンダー。
昭和21年から作られてきた、
和紙染めのカレンダーを縮小印刷した印刷普及版です。

さっそく2017年の絵柄を大公開。

2017serizawa

毎年、柄が違うので、
来年はどんな絵柄なのか、
たのしみにされている方も多いのでは?!
わたしもその一人です!

さて、メトロクス東京のショップでは、
現在、クラフト市「芹沢銈介と型染め」を開催中です。

クラフト市

上記でご紹介したカレンダーをはじめ、
芹沢銈介の型絵染の柄をほどこした小物が
店頭にずらりと並んでいます。

新商品の「のれん」もこのとおり。

のれん

大きさは、幅85×長さ120cm。
春夏秋冬の字文が、迫力あります。

東京店で取り扱っているのれん は全部で4種類。

芹沢のれん

オンラインショップでは、
幅85×長さ150cmの大きなサイズのものも取り扱っていますので、
気になる方は、ぜひのぞいてみてください。

その他に、ハンカチや風呂敷もあります。

展示風景_01

風呂敷

ハンカチ

非売品ですが、
芹沢銈介の関連書籍もご覧いただくことができます。

展示風景_02

芹沢全集

クラフト市「芹沢銈介と型染め」は、
9月17日(土)まで開催しています。
ぜひお立ち寄りくださいね。

ウィンドー

2016もよろしくお願いいたします

芹沢銈介 宮井 刺し子の風呂敷

1月も、もう12日ですが・・・
あけましておめでとうございます!

メトロクスは5日から通常営業しています。
暖冬だなーなんて余裕でいたら今日からグっと寒いですね。
体調を崩されませんようご自愛ください。
今月中にはひとつ、温かな新商品を発売する予定ですので、
そちらもご期待ください!

エヌ・クラフツでは「日本の伝統工芸」をコンセプトに、
多ジャンルの良質でモダンなアイテムを揃えております。

吉田順子 ガラス 切子
吹きガラスや切子などのガラス製品

伊藤丈浩 スリップウェア 益子焼
益子焼や信楽焼などの陶磁器

近藤昭作 竹のあかり
竹工芸や漆器などの木製品

レディメイド プロダクツ ウィークエンダー ダッチオーブン
真鍮や鉄器などの金属製品

AOYA 和紙の照明
和紙などの紙製品

今後もモダンな伝統工芸品や、食卓に彩りを添える作品を多数セレクトしてまいります。
本年もメトロクス&エヌ・クラフツをよろしくお願いいたします。

芹沢芸術が詰まった、もらってうれしいプチギフト

カレンダー

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

11月も下旬になりました。

子供のころは1年が経つのがあんなに長かったのに、

大人になると何故こんなに時間が経つのが早いのか・・・

 

少し調べてみると、人が感じる時間の長さは自らの年齢に反比例するという

「ジャネーの法則」説があるようです。

あとは、経験値が増えることによって物事を処理する速度が速くなるからなど、

諸説あるみたいです。なるほどなぁ。

 

どうしてこんな話題をしていたのかというと、

この時期になると来年の手帳やカレンダーについて考えてウキウキしてしまい、

毎度のように「1年経つの早すぎ!」とハっとするからなのでした。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

メトロクス&エヌクラフツでは、今年も「卓上カレンダー」を販売しています。

私のお気に入りの図柄は「7月」。

さわやかなブルーと桃色の潮のような模様、貝殻にも見えるうちわが好みです。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

染色工芸家で人間国宝でもある芹沢銈介氏の型絵染めの図案を用いたデザイン。

色鮮やかな色彩と大胆な構図、月ごとに趣きを変える目にも楽しいカレンダーです。

「和」なアイテムですが、月や曜日はアルファベットで表記されているところも特徴です。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

ハガキサイズ、プラスチックスタンド付き。

お部屋のちょっとしたスペースに 気軽に置くことができますよ。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

毎年ギフトとして大人気なんですが、1,296円(税込)とお手ごろなので、

複数個まとめ買いされる方も多いです。

簡易ラッピングも承っていますので、年末年始のご挨拶やお世話になった方への

プチギフトとしていかがでしょうか。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

まだあまりご存知でない方のために、カレンダーのパッケージに書かれた一文をご紹介します。

* * *

昭和二十一年よりこの方、約六十年の間続けられて来ました型染カレンダーは、

芹沢銈介の和紙に染められた数多い作品群の中でも重要な位置を占めます。

日本古来の型染と琉球の紅型染を研究され、模様を生み出す天分と色調えの

優れた感覚によって生み出された芹沢芸術を、お楽しみいただければ幸甚です。

* * *

芹沢芸術!この一言に尽きると思います。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

メトロクス東京には芹沢銈介氏の関連書籍もたくさんあります。

どれも芹沢芸術をまとった色鮮やかな装丁。

(販売はしていませんが、店内でご自由にお読みいただけます)

 

柳宗悦の「工芸の道」に感銘し、”用の美”の追求に生涯をかけた芹沢銈介氏

「型絵染」で重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けました。

国際的にも高い評価を受け、染色作家の第一人者として活躍し、

デザイナーとしても異才を放ちました。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

こちらは私が大事に保管していた、芹沢銈介氏の生誕120年を記念して

日本橋高島屋で催された「デザイナー 芹沢銈介の世界展」のリーフレット。

文字を主題にした作品「文字絵」で、い ろ は に ほ へ の仮名と、

その空間に大胆に配置された草花の図は、まさに芹沢芸術の世界観。

 

▽開催時のブログ記事はこちら
生誕120年記念 デザイナー 『芹沢銈介の世界展』

▽関連ブログ記事はこちら
文字絵がたのしい芹沢銈介の世界

 

卓上カレンダーの人気の理由は、この芹沢芸術が手軽に楽しめるところにあります。

芹沢銈介 卓上カレンダー2016 /1,296円(税込) ご購入はこちら

芹沢芸術が詰まったハンカチ・風呂敷も販売中 芹沢模様/和小物はこちら