憧れの信楽焼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、メトロクス・フルカワです。

お天気の様子や気温がコロコロ変わって、季節の変わり目を実感する日々ですね。

晴れて太陽がポカポカなだけで、一日がとても充実した気持ちで過ごせるな、と思うようになりました。

 

さて本日は、いちどは手に入れたい、憧れのあのうつわのご案内です。

ぜひご覧ください。

DSC04164-min

 

従来の「信楽焼」のイメージを覆すような、シャープなフォルムが特徴の清岡幸道さんの作品。

根強いファンの方も多くなかなか手に入らないため、お探しの方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

今回、キャンセル分などで少量ですが在庫をご用意できたものがあります。

清岡さんの作品は存在感がありながらも、

落ち着いた色合いとマットな表情が料理を引き立ててくれるところが魅力的です。

 

それではラインナップをご紹介します。

イメージ_きょうつう-min

耐火フライパン [サイズ:小φ.140・中φ.160・大φ.200]
直接火にかけて使うことができるので、キッチンからアツアツのままテーブルへ運ぶことができてとても便利。

そして、深い色合いとシャープなフォルムでテーブルの主役になること間違いなしです。

本当に少量ですが、サイズも3種類あるので用途に合わせてお気に入りを見つけてください。

 

DSC07708-min

耐火グラタンボウル [サイズ:w.175 d.135 h.55]
こちらも耐火シリーズのもの。丸いフォルムは手に取るとホッとします。

左右に付いた小さな持ち手もアクセント。

 

DSC04164-min

錆釉リム皿 [サイズ:φ.225  h.30]

こちらの美しいリム皿は最後の一点です。

 

DSC04091-minDSC04140-min

錆釉掛分角マグ [サイズ:w.105 φ.85  h. 68]

四角い持ち手も、意外とすっと手に馴染みます。

コーヒーでも紅茶でも、このマグだったら毎朝の白湯も習慣にできそうです。

 

 

メトロクス東京の店頭にご用意しております。それぞれ本当に少量なので早い者勝ちですが、一度お手に取ってご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る