カトラリー

甲斐のぶお工房の魚フォーク

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

2月も終わりに近づいてまいりました。
とても寒かった冬ももうすぐ終わり。

桜餅に草餅。
いいにおいです。
もうすぐ春ですね。

さて、本日は、先日のブログでご紹介させていただいた
甲斐のぶお工房さん訪問記
本日は、その続き。
甲斐のぶお工房の中でもとくに象徴的な竹のカトラリー、
魚フォーク についてお届けいたします。

この魚フォーク、1匹1匹、手作業で生み出されていきます。

これが、魚のもと。
目の部分に穴をあけてあります。

しっぽとフォークの刺すの部分になる口を
あらかじめ治具を使用してカット。

その後、サンダーで、
魚のかたちをに削り出していきます。

制作する甲斐さん。

型紙は使用せず、経験と感覚で削り出していきます。

それなのに、出来上がった魚はほぼ同じ形。
さすが、職人技です!

ほんの数秒で、すーいすいとリズムよく削り出されます。

生まれたての魚たちです。
この後、塗装の工程が待ち構えています。
ウレタンで塗装されているので、
汚れに強く、洗って繰り返し使用できるのもよいところですね。

魚フォークは、5本セット。
大きい魚か、小さい魚か、
赤い色か、竹の色を生かした色か、
お好みでお選びいただけます。

全種類、集合。

撮影中、スイミーを思い出しました。

パッケージもかわいいので、贈り物としても大変よろこばれます。
帯の色が赤いものが“赤”、黄色のものが“ナチュラル”の色が入っています。

この魚フォークは、楊枝としてはもちろん、
菓子切りとしても活躍しますよ。

切れ味も抜群です。

もうひとつ、桜餅食べたいなぁ。

菊地流架さん Lue 真鍮のカトラリー!

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

本日は、新商品、
菊地流架(きくちるか)さんのLue(ルー)による、
真鍮のカトラリーをご紹介いたします。

菊地さんは、岡山県瀬戸内市で、
真鍮を用いたカトラリー・雑貨・アクセサリーを制作しています。
これまでのデザインから手作業での制作までを行ってきた技術と経験を生かし、
2013年、量産可能な「インダストリアルプロダクト」のラインを発表しました。

この『スポーク』はその新ラインの商品化、第1弾の作品。

自身の手で作り出した、ハンドクラフトの表情溢れる原型をもとに、
洋食器・金物の産地として有名な新潟の燕の工場のスタッフと
試行錯誤を経て、製造されています。

工場で作られたカトラリーは、
一つ一つ手作業で作るよりもコストを抑えることができ、
Lueの作り出す片肘を張らない自然な雰囲気と、
工業製品の洗練された良さを合わせ持つのが魅力です。

スプーンとフォークが一体となった『スポーク』は、
日常使いはもちろん、
アウトドアやパーティーシーンでも活躍します。

お弁当にも便利。
今日のお弁当。

ウィンナーも

ごはんもヨーグルトも
(ピンクのごはんはお赤飯。
北海道では小豆の代わりに甘納豆を。
もち米を食紅でピンクにします。)

この1本があれば、
すくっても、刺しても、どちらもOK。

5本セットには、収納や持ち運びに重宝する専用クリップが付属します。

クリップには、Lueのロゴ入りです。

スタックの精度が、とてもよいです。
5本重ねてもこの薄さ。
工業製品ならではですね。

また、真鍮は、使い込む程に味わいが出てきて、
経年変化を楽しむことができるのも魅力のひとつ。
使用することにより、表面に酸化膜が張り金属が保護され、
金属独特のにおいも軽減されていきます。

これは、2012年の倉敷のフィールドオブクラフトに行った際に
購入したLueのハンドクラフトのスプーンです。
およそ1年半くらい愛用しています。
だんだんよい感じになってきました。

もともとは、

こんなにピカピカしていました。
菊地さんのハンドクラフトの作品も素敵です。

インダストリアルの商品化、第2弾以降の発売はまだ未定ですが、
Lueの今後の動向がたのしみです。
おたのしみに!

甲斐のぶお工房のカトラリー入荷

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
先週のブログでご紹介した、柚木沙弥郎さんの房州うちわ
とても人気の製品です。入荷数は限られていますので、お早目に
ご注文頂ければと思います。
その柚木さん、只今世田谷美術館で「いのちの旗じるし」を開催中。
8月18日までの開催です。それまでにはレポートをまたブログでも
ご紹介したいと思います。皆さんも是非足を運んでみてくださいね。
田園都市線の用賀駅から砧公園を通っていく道は、とても気持ちが良いですよ。

さて、今日は甲斐のぶお工房のカトラリーのご紹介です。
長らく欠品が続いていたのですが、先日入荷がありました。
実際に手に取って頂いて、また使って頂くとその良さが分かります。
今日は実際の食卓で使った様子をご紹介です。

デザートナイフ 甲斐のぶお工房
デザートナイフ サイズ:180×23mm ¥1,575-
柄の部分が緩やかにカーブしていてとても持ちやすいです。
ホットケーキやデザートなどでお使いください。
バターナイフとしても使えますね。

甲斐のぶお工房 子供フォークとデザートナイフ
デザートナイフ子供フォーク
子供フォーク サイズ:150×27mm ¥1,050-
お子様用のフォークです。全体的に丸いフォルムに仕上げられています。
大人でもデザートを食べる際にはちょうどいいサイズです。

甲斐のぶお 工房 子供フォーク 子供スプーン
子供フォーク子供スプーン
子供スプーン サイズ:150×35mm ¥1,050-
これもお子様用のスプーン。デザートや写真のように
ティースプーン、コーヒースプーンとしてもお使いいただけます。
伊藤丈浩さんのスリップウェアのカップ&ソーサーにも合いますね。

甲斐のぶお工房 子供スプーン 子供フォーク
子供スプーン子供フォーク
柳宗理の子供プレートと。サイズもピッタリです。
お子様にはちょうど使いやすいサイズ、また持ちやすいです。

甲斐のぶお工房 フォーク スプーン
フォークスプーン
フォーク サイズ:210×30mm ¥1,575-
スプーン サイズ:210×38mm ¥1,575-
大人サイズです。パスタやカレーを食べるのにおすすめですね。

甲斐のぶお工房 サーバーセット
サーバーセット サイズ:255×52mm ¥2,100-
サラダはもちろん、お鍋でつくったパスタなどを
取り分けます。柄も長くて深いお鍋でも使えて便利です。
お鍋は以前ブログでも書いた、大谷さんの平鍋。 コップはスタジオプレパさんのヴォーダ

甲斐のぶお工房 魚フォーク
魚フォーク5本セット
大 サイズ:190×11mm ¥1,890-
小 サイズ:130×9mm  ¥1,365-
魚の形をしたフォークの5本セットです。クリアと赤の2色、サイズも大と小の2サイズです。
専用のギフトパッケージに入っていますので、そのままプレゼントとしてお使いいただけます。
羊羹やお団子などを食べるときに使いたいです。
コップにさして置いておくのもまたかわいらしいですね。

カトラリーと言っても、ステンレス・真鍮・木など種類は様々ですが、
竹という素材は非常にしなやかで丈夫。そして実際に使ってみると
口当たりも良くてカトラリーとしては最適な素材だと思います。
甲斐のぶお工房の製品では、他にもお箸や炒めヘラも扱っています。
今後はバリエーションを増やしていく予定もありますので、
お楽しみにしていてくださいね。

今日のおまけ①。
沖原沙耶 竹のカトラリー
何度かブログでもご紹介させて頂いている、沖原沙耶さんのカトラリー
同じ竹素材ですが、こちらは木地のままなので使い終わったら良く洗って
乾かして保管というひと手間はありますが、大事に使っています。
スプーンとフォークが一体になったというところも面白いです。
次に機会があったらもう一本購入したい一品です。

おまけ②。
焦げたホットケーキ
焦げたホットケーキ。まだまだ修行が足りないようです。

【新商品】シンプルで使いやすい「銘木箸」と「竹箸」

薗部産業のめいぼく箸。小田原の木工職人が丁寧に削ったシンプルなお箸です。

こんにちは、メトロクスのハマダです。
本日は、これまでエヌクラフツのラインナップになかった、
新商品のお箸各種をご紹介いたします。

 

薗部産業 めいぼく箸 たがね

薗部産業 銘木箸「たがね」 ¥1,260(税込)

小田原の木工職人が丁寧に削ったシンプルなお箸です。
木の素朴な風合いが活かされています。

▽一緒に写っているアイテム
 銘木椀 サクラ ¥3,150(税込)
 仕口 箸置 ¥4,410(税込)
 練り上げ 小鉢 格子 ¥3,675(税込)
 三木鍋敷 ¥2,940(税込)
 信楽焼 耐火フライパン 小 ¥3,675(税込)

薗部産業 めいぼく箸 たがね 木種
木種は、左から サクラ ナラ カエデ の3種類からお選びいただけます。

薗部産業 めいぼく箸 たがね サイズ比較
大(長さ235mm)と中(長さ210mm)の2サイズ。

薗部産業 めいぼく箸 たがね
横から見ると、天(お箸の頭)は「たがね」をかたどった、こんな形状です。
※「たがね」とは、金属や石などを加工する「のみ」に似た工具の名前

 

薗部産業 めいぼく箸 天丸

薗部産業 銘木箸「天丸」 ¥1,050(税込)

こちらも、小田原の木工職人が丁寧に削ったお箸。
オーソドックスな形が特徴です。

▽一緒に写っているアイテム
 銘木椀 ケヤキ ¥3,150(税込)
 箸置き ¥1,260(税込)

薗部産業 めいぼく箸 天丸
「天丸」も、サクラ ナラ カエデ の3種類。

薗部産業 めいぼく箸 天丸
天(お箸の頭)が丸くなっているので「天丸」という名前です。

薗部産業 めいぼく箸 たがね 天丸
「たがね」「天丸」ともにすっきりと使いやすい箸先。

薗部産業 木椀 めいぼく箸 たがね 天丸
国産材を用いて作られており、それぞれ木目や風合いの違いが楽しめるところが
天然木のいいところです。
同シリーズの木椀と合わせて使いたいですね。

薗部産業 銘木箸「たがね」 ¥1,260(税込)
薗部産業 銘木箸「天丸」 ¥1,050(税込)
 

続いては竹のお箸です。

甲斐のぶお工房 竹のカトラリー 竹箸

甲斐のぶお工房「竹箸」 大¥1,260(税込) 小¥1,050(税込)

大分県産の真竹を使用して作られたお箸です。
サイズは大(長さ230mm)と小(長さ180mm)の2種類。

▽一緒に写っているアイテム
 箸置き ¥1,260(税込)

甲斐のぶお工房 竹のカトラリー 竹箸
竹製ならではの、直線的でシャープなフォルム。
しやなやかで強度もあり丈夫なので、日常使いにぴったりです。

甲斐のぶお工房 竹のカトラリー 竹箸
箸先の細さ!この箸先でお魚をほぐしたら、きれいに取れそうですねー!

甲斐のぶお工房「竹箸」 大¥1,260(税込) 小¥1,050(税込)

 

「楽しい食卓」をテーマに、使いやすく気がつけばいつも傍にある。

甲斐さんの作る、日常生活にしっくり馴染むカトラリーは

お箸の他にスプーンやナイフなどもあります。

一点一点、手で丁寧に作られた温もりのあるカトラリー、

ぜひ一度お手に取ってみてください。

甲斐のぶお工房 取扱商品一覧はこちら

甲斐のぶお工房 竹のカトラリー 各種

ARTS & CRAFT SHIZUOKA「手創り市」に行きました

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
先週末に静岡県で開催されたARTS&CRAFT静岡「手創り市」に行って参りました。
これは、年に二回、春と秋に静岡市の護國神社で開催されるクラフトフェアです。
大きな池のある神社敷地に沢山の作家さんが集まり、作品を販売します。

入口は大きな鳥居。

参道に並ぶブース。

奥に大きな池が見えます。
雨天決行だそうですがこの日は秋晴れの行楽日和。
家族で来られている方も沢山いらっしゃいました。

木工の作品が多く、食器やステーショナリー家具まで見る事ができました。
東京店のスタッフはそれぞれ、お気に入りのカトラリーを見つけました。


こちらの看板は木彫家、クロヌマタカトシさんのもの。
様々な表情の匙類が並んでいます。

どれも細やかな線で形作られていて、1つ選ぶのがとても難しい!
かなり時間をかけ、選んだのはジャムスプーン。こちらは後ほどご紹介します。


変わってこちらのブースは、アクセサリーショップ「yuta」さんです。写真は真鍮のカトラリー。
真鍮をたたいて作ったカトラリーは薄く、形もシャープ。


プレートなどもありました。ここではアイスクリームスプーンを購入!


参道の突き当りの開けた場所に護國神社の御本殿があります。
山を背にして建つ姿はとても威厳があり、素晴らしい景色です。

このようなフェアでは、実際に作品を手に取り、使い方や手入れの仕方、また
どのようなアイディアから作品が生れたのか、などを直接作り手の方とお話できるのが
とても楽しく貴重です。
作品の背景を知ることによって、よりそのものに対して思い入れも強くなります。
全国各地で開催されているクラフトフェアに、是非足を運んでその土地土地の特色や作品に
触れられたらよいな、と思います。

さて、わたくしたちが連れて帰って参りましたカトラリーをご紹介。

上がクロヌマタカトシさん、下がyutaさんのもの。


上からみると四角いスプーンの先は横から見るときれいなカーブを描いています。
これは通常ではスプーンの隅っこにたまってしまうジャムを、残さずきれいに塗れるように、
とのことでこの形になったそうです。


こちらは真鍮のスプーン。
冷たいアイスクリームを口に運んだ時に口当たりのよい、薄さに惹かれます。
シンプルで美しいカトラリーです。

次回の開催は来年の春、4月のようです。
近くには芹沢銈介美術館もありますよ。(あと登呂遺跡も!)