芹沢銈介

クラフト市「芹沢銈介と型染め」開催中

こんにちは。メトロクス・タカダです。

現在、メトロクスでは、クラフト市「芹沢銈介と型染め」を開催中。

main_image_0000_最終

日本の伝統的な染色技法である型染めを独自に発展させ、型絵染という
新たな技法を確立した芹沢銈介。
彼が図柄をデザインした風呂敷、ハンカチ、2017年度版の新作カレンダーなどの
アイテムを集積するほか、古くより型染めの技法を用いたものづくりを行う、
富山の和紙メーカー桂樹舎の小物入れ、名刺入れ、コインケース、クッションなど
型染めの柔らかな風合いを楽しめる小物アイテムをご用意いたしました。

9月17日(土)までの期間限定となっております。
モダンな図柄と鮮やかな色合いを、手に取ってお楽しみいただけます。

今日は、そんな中から、富山県の和紙加工メーカー桂樹舎の商品を
一部ピックアップしてご紹介いたします。

00_01_s

00_02_s

桂樹舎が在る富山市八尾町では、古くから雪解け水から良質な和紙を
漉き出しています。それは「八尾和紙」と呼ばれ、富山の伝統工芸品として、
現代まで伝えられてきました。

桂樹舎は、創業から50余年、この地で紙づくりを行ってきました。
独自に開発した強製紙という丈夫な紙に型染め技法を用いて加工品を
生産しています。

手間はかかりますが、型染めの仕上がりは、印刷では出せない温かい
独特の風合いを生み出します。使い込んでいく程にやわらかくなり、
艶が出てきます。
紙を漉き、染め、加工するまですべて職人の手仕事によるものです。

01_01_s

01_02_s
名刺入れ 1,944円(税込)

02_01_s

02_02_s
ます型小銭入れ 1,080円(税込)

紙製の名刺入れ、小銭入れ、強度はこれいかに、とお思いのこと
でしょうが、桂樹舎では「独自で開発した強製紙という丈夫な紙」を
使っており、なんと撥水加工まで施されておりますので十分な耐久性を
備えています。ちょっとやそっとで壊れることはありません。

03_01_s
ペン立て(小) 756円(税込)
ペン立て(大) 918円(税込)

続いては、こちらのペン立て。サイズは大小それぞれございまして
写真に映っている以外にも様々な柄をご用意がございます。

他にも、こんなに可愛らしいサイズのものや、、、
08_01_s
楊枝立て 432円(税込)

スリッパ入れや、マガジンラックにもなりそうな大きいサイズもございます。
05_01_s
小物入れ 3,780円(税込)

04_01_s
はがき箱 2,376円(税込)
文庫箱(小) 4,320円(税込)

04_02_s

04_03_s

こちらのボックス、はがきや文庫だけでなく、机に散らかりがちな小物を
整理するのにも便利ですし、チケットの半券、切手、旅先で買ったピンバッチ
など、細々したものを集める趣味をお持ちの方にもおすすめです。
※上記の趣味に該当された方はぜひ。

06_01_s
3枚しおり 324円(税込)

07_01_s
左:ポケットノート A6判 1,296円(税込)
中央:メモ帳 702円(税込)
右:ブックカバー(文庫判) 1,404円(税込)

しおりやメモ帳、ブックカバーなどもご用意しております。
何より、模様や柄が和のテイスト過ぎずないところが
使いやすいのではないでしょうか。

他にも今回ご紹介できなかった商品もございます。
是非、店頭で質感や色味を確かめにいらしてください。
皆様のご来店をお待ちしております。

2016もよろしくお願いいたします

芹沢銈介 宮井 刺し子の風呂敷

1月も、もう12日ですが・・・
あけましておめでとうございます!

メトロクスは5日から通常営業しています。
暖冬だなーなんて余裕でいたら今日からグっと寒いですね。
体調を崩されませんようご自愛ください。
今月中にはひとつ、温かな新商品を発売する予定ですので、
そちらもご期待ください!

エヌ・クラフツでは「日本の伝統工芸」をコンセプトに、
多ジャンルの良質でモダンなアイテムを揃えております。

吉田順子 ガラス 切子
吹きガラスや切子などのガラス製品

伊藤丈浩 スリップウェア 益子焼
益子焼や信楽焼などの陶磁器

近藤昭作 竹のあかり
竹工芸や漆器などの木製品

レディメイド プロダクツ ウィークエンダー ダッチオーブン
真鍮や鉄器などの金属製品

AOYA 和紙の照明
和紙などの紙製品

今後もモダンな伝統工芸品や、食卓に彩りを添える作品を多数セレクトしてまいります。
本年もメトロクス&エヌ・クラフツをよろしくお願いいたします。

芹沢芸術が詰まった、もらってうれしいプチギフト

カレンダー

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

11月も下旬になりました。

子供のころは1年が経つのがあんなに長かったのに、

大人になると何故こんなに時間が経つのが早いのか・・・

 

少し調べてみると、人が感じる時間の長さは自らの年齢に反比例するという

「ジャネーの法則」説があるようです。

あとは、経験値が増えることによって物事を処理する速度が速くなるからなど、

諸説あるみたいです。なるほどなぁ。

 

どうしてこんな話題をしていたのかというと、

この時期になると来年の手帳やカレンダーについて考えてウキウキしてしまい、

毎度のように「1年経つの早すぎ!」とハっとするからなのでした。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

メトロクス&エヌクラフツでは、今年も「卓上カレンダー」を販売しています。

私のお気に入りの図柄は「7月」。

さわやかなブルーと桃色の潮のような模様、貝殻にも見えるうちわが好みです。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

染色工芸家で人間国宝でもある芹沢銈介氏の型絵染めの図案を用いたデザイン。

色鮮やかな色彩と大胆な構図、月ごとに趣きを変える目にも楽しいカレンダーです。

「和」なアイテムですが、月や曜日はアルファベットで表記されているところも特徴です。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

ハガキサイズ、プラスチックスタンド付き。

お部屋のちょっとしたスペースに 気軽に置くことができますよ。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

毎年ギフトとして大人気なんですが、1,296円(税込)とお手ごろなので、

複数個まとめ買いされる方も多いです。

簡易ラッピングも承っていますので、年末年始のご挨拶やお世話になった方への

プチギフトとしていかがでしょうか。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

まだあまりご存知でない方のために、カレンダーのパッケージに書かれた一文をご紹介します。

* * *

昭和二十一年よりこの方、約六十年の間続けられて来ました型染カレンダーは、

芹沢銈介の和紙に染められた数多い作品群の中でも重要な位置を占めます。

日本古来の型染と琉球の紅型染を研究され、模様を生み出す天分と色調えの

優れた感覚によって生み出された芹沢芸術を、お楽しみいただければ幸甚です。

* * *

芹沢芸術!この一言に尽きると思います。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

メトロクス東京には芹沢銈介氏の関連書籍もたくさんあります。

どれも芹沢芸術をまとった色鮮やかな装丁。

(販売はしていませんが、店内でご自由にお読みいただけます)

 

柳宗悦の「工芸の道」に感銘し、”用の美”の追求に生涯をかけた芹沢銈介氏

「型絵染」で重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けました。

国際的にも高い評価を受け、染色作家の第一人者として活躍し、

デザイナーとしても異才を放ちました。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2016

こちらは私が大事に保管していた、芹沢銈介氏の生誕120年を記念して

日本橋高島屋で催された「デザイナー 芹沢銈介の世界展」のリーフレット。

文字を主題にした作品「文字絵」で、い ろ は に ほ へ の仮名と、

その空間に大胆に配置された草花の図は、まさに芹沢芸術の世界観。

 

▽開催時のブログ記事はこちら
生誕120年記念 デザイナー 『芹沢銈介の世界展』

▽関連ブログ記事はこちら
文字絵がたのしい芹沢銈介の世界

 

卓上カレンダーの人気の理由は、この芹沢芸術が手軽に楽しめるところにあります。

芹沢銈介 卓上カレンダー2016 /1,296円(税込) ご購入はこちら

芹沢芸術が詰まったハンカチ・風呂敷も販売中 芹沢模様/和小物はこちら

今年もやります。芹沢銈介の卓上カレンダー2016

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。
毎年恒例になっている芹沢銈介の2016年版カレンダーが今年も入荷しました。
来年のカレンダーの納品を見ると、「あぁもう今年も終わりか・・」とややノスタル
ジックな気分にもなりますが、芹沢さんの染め絵は色鮮やかで来月の絵柄が待ち遠しい!
そんな気分にもさせてくれそうなカレンダーです。

2016年版芹沢銈介カレンダー
カレンダーの表紙は縁起物の竹と梅でしょうか? とすると真ん中よりやや下の「セ」が
松のモチーフでしょうか?ちなみに、2015年版の表紙は縁起物の鶴が描かれた壺でした。

・セット内容の12枚+表紙1枚

前半

後半

毎年、絵柄が変わる芹沢さんのカレンダーですが、去年も2015年度版が入荷した時に
ブログで紹介しています。いくつか、去年の絵柄と見比べてみましょう。
■2015年版 5月

2015年5月

■2016年版 5月

2016年5月

両方ともモチーフは鯉ですね。
2015年の鯉のほうが、リアリズムで、今年はどちらかというと鯉のぼりに近いのかな?

■2015年版 6月

2015年6月

■2016年版 6月

2016年6月

6月の絵柄はこんな感じです。
去年はアジサイ、カエル、カタツムリでしたが、今年は船と島でしょうか?
正確なモチーフはちょっとわかりませんが、
もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

全体的に去年の絵柄と比較してみたら、2015年版は線画細く細かな描写が
目立つ絵柄が中心ですが、2016年版はデフォルメされた愛らしい絵柄が目立ちます。

メール便発送も対応していますのでお早目にどうぞ。

芹沢銈介 卓上カレンダー2016

生誕120年記念 デザイナー 『芹沢銈介の世界展』

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

現在、日本橋髙島屋8階ホールで、
芹沢銈介の生誕120年を記念した企画展が開催されています。

日本橋髙島屋の中央通りに面しているウィンドウ面は、
芹沢銈介と民藝展一色。

今回の展示会は、
芹沢銈介の作品(屏風やのれん、着物、帯など)を展示する第一部と、
芹沢銈介が世界各国で収集した民芸品を展示する第二部に分かれて
構成されています。

どの美術作品や工芸品でもそうですが、
書籍で見るのと、実物を見るのとでは、
作品から受ける力が圧倒的にちがいます。

色味も質感も、だんぜん本物の方が美しいです。

実物を見るだけで、こんなにうっとりしてしまうのだとすると、
実際に暮らしの中でこれらのものを取り入れていくことは、
どれだけ暮らしを豊かにすることができるのだろう と想像し、
ますます興奮してしまいます。

ぜひ、お時間のある方は、見に行かれてみてください。

図録やポストカードの販売もされていましたよ。
わたしは、着物のかたちのポストカードを4枚購入しました。

『生誕120年記念 デザイナー 芹沢銈介の世界展』
日本橋髙島屋8Fホール
2014年9月10日(水)~9月23日(火・祝)まで
入場料 一般800円

あわせて、同じく日本橋髙島屋8階催事場で、
民藝展が開催されています。

7階には、日本を代表する民芸店“銀座たくみ”も支店があり、
食器売り場では、民藝展と連動したフェアを行っていました。

また、9月20日(土)~23日(火・祝)まで、
メトロクスでもお取扱いさせていただいている
孟宗竹を用いたカトラリーを製作されている甲斐のぶお工房さんが
7階の売り場に出展されているそうです。
この期間、甲斐さんも上京予定とのこと!
芹沢展にお出かけされた際には、
7階にもお立ち寄りいただき、
この機会に、甲斐さんとお話ししてみてください!

今週末の日本橋髙島屋は見どころ満載です。

日本橋とは少し離れていますが、
新橋のメトロクスも、今週は18日(木)~20日(土)が営業日です。

芹沢銈介模様の風呂敷もたくさん展示してありますよ。

風呂敷のパッケージには、
芹沢銈介の世界展』でも展示されていた
芹沢銈介の文様を代表する縄のれん文が
あしらわれています。

前回のブログでもご紹介いたしましたが、
来年2015年度のカレンダーも入荷してきてます!

このように、芹沢銈介模様の風呂敷を使用したラッピングのサービスも承ってますよ。
お近くにいらっしゃた際には、ぜひぜひお気軽にお立ち寄りくださいね!