芹沢銈介

芹沢銈介卓上カレンダー2014 中身公開!

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
先週のブログでもご紹介した、
芹沢銈介 卓上カレンダー2014」が入荷しました!
毎年人気のこの商品、
今日は2014年バージョンの中身を公開します。

芹沢銈介 卓上カレンダー 2014

このカレンダーは、昭和21年から約60年もの長きにわたって作られていた
「型染カレンダー」の縮小版です。

昭和21年というと、私の母も生まれてないですね、歴史を感じます。
いや、しかし、平成ももう26年になるんですね。あ然。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー2014

セット内容は上記のとおり。
パッケージとプラスチックのスタンドケースが付きます。
日本古来の型染と琉球の紅型染(びんがたぞめ)を研究した、
芹沢銈介ならではの色鮮やかな色調と大胆な図柄は目にも楽しいです。

 

 芹沢銈介 卓上カレンダー2014

芹沢銈介 卓上カレンダー2014

水曜日と木曜日の間につくしが伸びる五月。
カレンダーとして、この構図はかなり大胆ですね。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー2014

こちらは三月。2週目と3週目の間に桜の山がカットイン。
季節に合った四季折々の植物や果実がモチーフとなっており、アート作品のよう。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー 2014

殺風景なスペースにちょこっと置いてみるだけでも、華やか。
毎年、贈り物にも多くご利用いただいています。価格も手頃ですしね!
かの芹沢芸術を、12種類+1種類(パッケージ)も楽しめるので、これはお得。

カレンダーとしての役目を終えたあとは、額縁に入れてお部屋に飾るのもおすすめです。
私の実家では、ガラステーブルのクロスとガラスの間にディスプレイされていました。
クロスが藍染めのものだったので相性が良かったです。
みなさんもいろいろ工夫してみてくださいね。

 

芹沢銈介 卓上カレンダー2014

私が一番ココロ惹かれるのは、
悟りを開いたかのような表情の、モナリザの微笑に通ずるものさえ感じられる、
このパッケージの人です。
口を曲げたダルマも愛らしくて、twitterのアイコンにしたいくらいです。
そういえば、メトロクスのtwitterもあるので良かったらフォローしてくださいね。
あ、あとFacebookもやっていますので、ぜひご覧ください。

芹沢銈介 卓上カレンダー2014 ¥1,102
※メール便発送も対応しています

世界の民芸と芹沢銈介

みなさん、こんにちは。メトロクス:タニです。
今週は久しぶりのスタッフブログです。
先日、以前から探していた書籍が見つかったのでついに購入しました。
世界の民芸
写真は我が家の書棚。その本というのは「世界の民芸」。真ん中においてある本です。
ご存知の方もいらっしゃるのでしょうか?この本は、昭和45~46年に、
週刊朝日で連載をされていた企画を1冊にまとめられた本です。
海外の民芸品を紹介し、それを写真と一緒に解説を加えたという、
なんとも面白い内容。さらに、それらの民芸品を自身の手持ちから、
また知人の収集品から選び、紹介をしたのは、濱田庄司芹沢銈介外村吉之介の3人。
日本の工芸を語る上で欠かせないこの3人が選んだ世界中の民芸品が
212品紹介されているのです。何度もブログで書いていますが、芹沢銈介大先生
選んだもの、持っているものにはとても興味があります。
もちろん今では絶版になっているので、古本屋やオークションで見つけても
結構な高値です。さて、その「世界の民芸」。一体どのような中身なのでしょうか?
世界の民芸 装幀
装幀も芹沢銈介が担当しています。1ページ目からわくわくしますね。
さすがに全ページはご紹介できないので、いくつかをご紹介します。

世界の民芸 メキシコ 椅子
メキシコの椅子です。以前何かの図録で、この椅子に座っている芹沢銈介を
見たことがあります。自宅で使っていたそうです。メキシコの市場では道端に
積み上げられて売られているそうです。価格も安く、一般家庭でも普通に
使われているそう。
「10年来日々使っているが、でしゃばらず、掛け心地もよいので、客に向かう場所に置いている」
とコメントが。メキシコ人は日本人とも体型がにているから、きっとサイズもちょうど
なんでしょうね。

世界の民芸 スウェーデン 整理棚
スウェーデンの整理棚。デザイナーがいるわけでもなく(いるかもしれないのですが。。。)、
まさに機能をそのまま形にしたような家具ですね。持ち手の付いた箱が収納でき、
きっとその寸法も考えられていて、いろんな組み合わせで収納できるように
なっているのでしょう。箱自体は、あのル・コルビュジエが晩年を過ごした
カバノンでで使用されていた、LC14(現行品)のようですね。あちらはスツールでしたが、
こちらはボックスになっています。とても便利そうですね。
「この見えも飾りもない、働く人の姿を見るような家具」との解説。
これは今度僕も作ってみようかな、なんて思っています。

世界の民芸 イラン 小皿
イランの小皿、だそうです。別のページでデルフト(オランダ)のタイルも
紹介されているのですが、この紹介は濱田庄司。今年の春の陶器市でも
訪れた益子参考館にあった、バーナード・リーチ作「玉ねぎ売り」を思い出す
小皿たち。この濱田庄司の解説がとても面白い内容です。
釉薬がこうであっただろう、どこそこにはまだこの窯があるだろう、
日本の織部にも似ているが、アラブ地方の伝統というのは云々カンヌン、と。

世界の民芸 フランス 肉焼きコンロ
フランスの肉焼きコンロ。この解説は外村吉之介。
「作家の一点つくりではなく、量産品で、機能を考慮し、かつ簡潔な意匠に終始している」
と絶賛。たしかに、なんともかわいらしいフォルムで、煙突もついていて、家に庭が
あったら、そこにおいて、お肉でも魚でも野菜でもなんでも焼いて毎日使いたいですね。
日本にもこういうのがあるといいですね。七輪もいいけど、煙突がついていると
更に良いですね。

と、このような世界中の民芸品が紹介されているのです。本当に面白い。
最後のあとがきは濱田庄司が書いているのですが、そこにも
とても良い言葉が書かれていました。

「・・・・博物館で見るだけでは駄目です。安いものでも買わなければ身に付きません。
そして身についてからも、育ての親として正しく使い込むことが大事な仕事です・・・・」

と。やっぱりな、そうだよな、と思って今までの自分の行動が間違っていない
(器や家具などを買って自分で使ってみないとだめだ!という信念)と改めて
思い、またお皿を買おうとするのですが、待てよ待てよと思いとどまるのです。
お財布と相談しなさい、と。とほほ。
あとがきでは、「民芸」という言葉ができた経緯(柳宗悦、河井寛次郎らと汽車で
相談の上、「民衆の工芸」をつめて「民芸」とした)なども書かれていて、
なるほど、知らなったと思うことがたくさんありました。
みなさんも、どこかで見かけたら是非手に取って見てみてください。おススメです。

さて、今週のおまけ。またまた、私物の紹介です。
グランパレ 芹澤銈介展
芹沢銈介が1976年にパリへ招かれて開催した「芹沢銈介巴里展」図録。
左は展示会で販売されたもの、右の風の字紋が表紙の図録は、会期後に
発売された、その展示会の様子なども収められたものです。
国立グラン・パレ美術館で開催されたこの展示会は大盛況だったそうです。
パリの街には「風」のマークのポスターが並んで、待ちゆく人々の目を
引いていたそうです。
「(ジョルジュ)ブラック、(パウル)クレーに匹敵する」と評された芹沢銈介の作品。
また静岡県立芹沢銈介美術館に行きたくなりました。

そして珍しいハンカチ。
芹沢銈介 いろは文 ハンカチ芹沢銈介 いろは文 ハンカチ より
ハンカチ いろは文。紺の字に黒い文字が織り込んであるタイプです。とてもシック。

芹沢銈介 帽子芹沢銈介 笠紋
ハンカチ 笠紋。沖縄の笠の図案が用いられています。赤にこげ茶の縁も素敵。
どちらも20年くらい前に生産されていたものだそうです。
良いものを見つけました。使わずにとっておこうと思います。

最後になりましたが、人気の芹沢銈介の卓上カレンダー2014が発売になります。
芹沢銈介 型絵染 カレンダー 2014
今週中にはオンラインショップにアップ予定です。毎年人気です。
お早目にお買い求めください。

エヌクラフツに夏らしい風物詩が加わりました

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
いやーな雨が続いています!
真夏よりも、このムシムシとした暑さが苦手です。

我が家には出窓があり、そこにリネンのブラインドを下げているのですが、
先日そのリネンの裾にカビがあるのを発見・・・・・
ちゃんと除湿機を有効活用せねば、と使われずに眠っていた
プラ○マクラスターを引っ張り出してみましたが、
よく見たら「加湿」機能のみ。残念。除湿機を買おうか検討中です。

みなさんは湿気対策を何かされていますか?
布のカビ取り方法があれば、ぜひ教えてください。

 

さて、話は変わりますが、こうも急に暑くなってくると、
現代人はすぐにエアコンを使います。
電車の中なんて冷蔵庫のようにキンキンで、毎朝ブルブル震えています。
私はエアコンが苦手なので、暑さムシムシ対策はもっぱら
扇風機とうちわと保冷剤です。

そう、長い前置きはこのくらいにして、今日はうちわのご紹介。
この度、柚木沙弥郎 房州うちわの販売を開始しました。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品

このうちわは、日本三大うちわのひとつとされる、千葉県館山市の伝統工芸品
房州うちわ」に分類されます。
地域に自生する女竹(めだけ)が用いられており、竹がそのまま丸柄になっています。
そして、その先端が細かく割かれて、骨組みを形成しています。
その細工の細かいこと。
試しに数えてみたら48本に割かれていました(個体差あり)。
職人技です。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品

絵柄には「型染め」が用いられています。
「型染め」とは、日本の伝統的な染色技法で、その名前からもわかるように
型を使って和紙を染めるのですが、とても手間暇がかかります。

まずは、型を彫ります。
和紙に型をあて、糊を置いて乾かします。
次に顔料で地染めして、また乾かします。
糊を洗い落すと白抜きの絵柄が浮かび上がるわけです。
そして、また乾かします。
簡単に説明しただけでも、乾かす工程が3回も。時間を要することが想像できますね。

そんな手間暇のかかる「型染め」の一番の魅力は、その風合いです。
柔らかなにじみやラインの素朴さには、印刷では表現できない温かみを感じます。
染めているので、紙の内部まで染料が浸透しており、
プリントのようにシワの部分が白く色はげすることがないのです。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品

柚木沙弥郎さんは、人間国宝・芹沢銈介さんに染色を学んだ方で、今年で御年91歳。
民芸の味わいを色濃く残した温かみのある絵柄が特徴的な作家さんで、
今回、エヌクラフツでセレクトしたこの5種も、大胆な色彩やユーモラスな絵柄ばかりです。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品
左上から、
かぼちゃ
山に雲
青海波 双魚

 

一般的なうちわと比較してみましょう。

柚木沙弥郎  房州うちわ 型染め和紙を使った千葉県館山の伝統工芸品

街角で配られているプラスチック製のうちわより、ひと回り大きく、
少しそよがせただけでも顔全体にあたるくらいの風を起こせます。
竹と和紙なので軽く、肌にあたる風は柔らかく、上品です。

 

うちわは、日本の四季を表す風物詩、俳句では夏の季語になります。
プラスチックの使い捨てよりも、こういった工芸品のうちわの方が粋で風流ですよね。
この夏はうちわ持って浴衣着て花火見に行こうかしら、という気持ちにさせてくれます。
そうか、うちわはファッションのひとつなんですね。

私のイチ押しは、第一印象では「山に雲」でしたが、
ちょっと「双魚」のかわいらしさに惹かれつつあります。
みなさんのお好みは、どの絵柄でしょうか?

柚木沙弥郎 房州うちわ

柚木沙弥郎 房州うちわ ¥3,150

芹沢銈介カレンダープレゼントのお知らせ

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
今日は暖かくて、気持ちがよいですね。まだ急に寒くなったりしますが、
軽装でぶらぶら散歩に行ける季節になるのが待ち遠しいです。

今日は、プレゼントのお知らせです。
日本の手仕事を集めたエヌ・クラフツの商品を税込5,250円以上お買い上げ頂いた方に
もれなく、芹沢銈介の卓上カレンダーをプレゼントしいたします!


毎年違う図版の2013年のテーマは「童話」。
一寸法師や猿蟹合戦が鮮やかに描かれています。
カレンダーについて詳しくは、以前のブログをどうぞ!

今回は、5,250円で何を買おうか、その組み合わせをいくつか挙げてみました。
たとえば…


切子グラス 10 oz タンブラー 十字 ブルー 5,250円

これであれば、一つでカレンダープレゼントです。
この十字の模様、光が透けるととてもきれいです。ブルーも涼やか。
吉田順子さんの作品です。


竹箸 (大) 1,260円 + 仕口箸置 4,410円 =5,670円

お箸セット。細い先端が特徴の甲斐のぶお工房のお箸と、
異なる木材を組み合わせた「仕口」が楽しいあさひねこの箸置き5個セットです。


信楽焼の錆釉リム皿 4,620円 + 鉄器の栓抜き カラス(横) 1,050円 =5,670円

清岡幸道さんのお皿は、使い勝手がよく、深い色で盛り付けたものを引き立てます。
人気のカラスの栓抜きは馬場忠寛さんの作品で、おしりでボトルを開ける愛嬌のある一品。


磁器の洋皿(20cm)3,360円 + コップ(6.5cm)2,310円 =5,670円

大谷哲也さんの器です。縁が薄くシンプルですが洗練された食器。
写真のようにカップを洋皿にのせて、ワンプレート仕様にもできます。


練り上げのカップ「豆の木・黄」4,515円 + ハンカチーフ「州浜四季文」840円 =5,355円

淡い色の組み合わせが今の季節にぴったりのハラダマホさんの練り上げの器です。
お茶を入れたり、甘味を入れたり自由に楽しめます。
そしてカレンダーと同じ芹沢銈介の図版を基にしたハンカチーフ。
薄い手触りの良い生地で、お弁当を包むのにも適しています。

エヌ・クラフツの商品には器や、キッチンアイテムが多く揃うので
これから新生活を始める方、是非この機会にお気に入りを見つけてください!

カレンダープレゼントについて、詳しくはこちらをご覧ください。

芹沢卓上カレンダー2013発売のご案内

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
本日は「芹沢卓上カレンダー2013」発売のご案内です。

染色工芸家で人間国宝でもある芹沢銈介氏の図案を用いた型染カレンダー、
毎年図柄が変わるので楽しみにしていました!
2013年のモチーフは「童話」です。

図柄はこちら。
1月/天の羽衣、2月/鴨とり権兵衛、3月/一寸法師
4月/花咲かじじい、5月/足柄山の金太郎、6月/かじ屋といし屋
7月/浦島太郎、8月/いなばの白兎、9月/かぐや姫
10月/猿かに合戦、11月/舌切りすずめ、12月/ねずみのよめいり
芹沢卓上カレンダー2013

モチーフが「童話」だけあって
それぞれの世界観を1枚にした、いつにも増してユニークな図柄ばかりです。
月末になると次の月の絵が楽しみになります。

パッケージはこちら。
おどけた表情のお人形がかわいいいです。
芹沢卓上カレンダー2013

こちらの「芹沢卓上カレンダー2013」は
本日よりメトロクス東京店で販売開始しました。
ぜひ店頭で、鮮やかな図柄をご覧になってください。
メトロクスオンラインショップでは、9月18日(火)より販売開始いたします。
芹沢模様の和小物も販売中!⇒こちら

 

 

それではここで過去の図柄をご紹介します。

2012年版 ※残りわずかですが販売中です。芹沢卓上カレンダー2012
芹沢卓上カレンダー2012

2011年版
芹沢卓上カレンダー2011

2010年版
芹沢卓上カレンダー2010

2009年版
芹沢卓上カレンダー2009

このカレンダーの元となっている図案は当時、
約60年間にわたって作られていたそうです。
ということは、60パターンもあるのか?!
まだ2012年・夏なのに、もう2014年版が楽しみになってきました。

ちなみに「鬼に笑われる」という言葉を、さっき初めて知りました。
実現性の薄いことや予想のつかないことをからかう時に
「来年のことを言うと鬼が笑う」と使うそうです。
再来年のことを言うと、何に笑われるんだろう!