芹沢銈介

旅するタニ~中国・四国編~

みなさんこんにちは、先週のブログでも紹介されましたが、
濱田庄司Tシャツとともに(どっちがともになのかしら?)
倉敷・宮島・丸亀へ行ってきました。
初めて訪れる土地へ、事前の下調べもなしに、右手には「るるぶ」を、
左手には「ことりっぷ」を携えて巡ってきました。
今日はスタッフブログとしてその旅行記みたいなのを書こうと思います。
そして、巡った土地土地でいろいろと購入して持ち帰ってきた品々を紹介します。
退屈でも最後までずらずらっと目を通してくださいね。

3月18日(日)晴れ
初日、倉敷へ降り立った僕は大原美術館へ。

ここは国内で最初にできた西洋美術の私立美術館だそうです。
皆さんも一度は耳にしたことがある芸術家たちの作品が
多数収蔵されています。
僕が一番見たかったのは、工芸・東洋館。
ここには、民藝運動に深くかかわった人たちの作品を
見ることが出来ます。さらに、この工芸・東洋館は芹沢銈介(せりざわけいすけ)
設計をしたことで知られています。僕は何回もブログで書いていますが、
芹沢けいすけの作品が本当に好きで、ハンカチもいくつももっていて
書籍もたくさん読んでいるし、静岡にある芹沢銈介美術館にも
足を運んでいて、本当に好きなんですが、そんなこともあってとても
行きたかった場所のひとつでした。
建物の外観、内装、照明、展示什器、窓枠、建具などすべてを氏が
デザインしたそうです。濱田庄司やバーナード・リーチなどからも
絶大な評価だったと図録に書いてありました。


この写真は、工芸館の中の芹沢銈介展示館の外観。
赤でひときわ目立つ存在です。


こちらは同じく工芸館:棟方志功展示室の外観。


窓が洲浜模様のようで素敵でした。


ミュージアムショップで芹沢銈介ポストカードセットを。
一番好きな「沖縄絵図」も1枚ありました。大事な手紙でも書くときに、
使いたいと思います。

そして、倉敷といえば民芸館。大原美術館のすぐ傍、美観地区に
あります。


ちょうど、「暮らしを寿(ことほ)ぐ品々」という企画展をやっていました。
季節の行事や結婚出産などのお祝い。そういったことを「寿(ことほ)ぐ」
ことに使う道具や着物などが展示されていました。日本はもちろん
インドやアフリカなど、世界中の品々があり、とても楽しめました。
そして、ここでも芹沢銈介関連の品々が。

倉敷手織段通(くらしきておりだんつう)。これは1畳サイズだと思われます。
大きくて大胆な柄、風呂敷などのデザインとは一味違いますが、とても美しい
色使いとバランスだと思います。本当はこのサイズのものが欲しかったのですが、
世に言う「財布と相談」して、少し小さなサイズのものを注文してきました。
生産が追いつかないらしく、注文してから2~3ヶ月ほどかかるそうですが、
楽しみに待つことにします。また届いたらブログにアップしたいと思います。


ここでは花むしろを。
どれも素敵な図柄です。もっと種類はありましたが、いくつかを選びました。
これもなぜ買ったかというと、

この上の写真で使っている敷物の柄は芹沢銈介の図案だということを聞いて、ついついススメられて
買ってしまいました。一本の細い緑色のラインを織ることが難しいとのこと。
配色もきれいです。

3月19日(月)晴れ/曇り
広島県、宮島・厳島神社へ。

NHKの大河ドラマ「平清盛」を放映中で大盛り上がりの宮島。
宮島といえば杓子が有名ですが、僕が気になっていたのは、


宮島張り子。これはインコだそうです。なんとも可愛らしく。
他にも数ある動物たちの中からこのインコを連れて帰ってきました。

3月20日(火)晴れ
香川県丸亀市へ
猪熊弦一郎美術館(MIMOCA)へ。

この美術館、設計は谷口吉生。「世界で最も美しい美術館をつくる」と評されて
いる建築家です。この壁画。「創造の広場」という題だそうです。

記念写真をとればこれがどこだかすぐにわかる、印象的な壁画です。
常設展では「ニューヨーク時代の作風の変遷」という展示の最中でした。
広くゆったりとした空間で、氏のニューヨーク滞在中の抽象画を多数見ることが出来ました。
50歳を過ぎてからの渡米。そのエネルギーはやはり圧倒されます。
メトロクスで取り扱うデザイナー・作家さんたちも同様ですが
年齢は関係なく、みなさん何歳になられてもデザイン・作品を作り続けている。
芹沢銈介も30歳を過ぎてから染色の道に本格的にすすんだ
そうです。それまでももちろん、多くの知識を得ていたことがあって、
柳宗悦との出合い、沖縄の紅型との出合いを経てのことだということですが。
僕たちもまだまだがんばらないといけないなあ、と感じます。


美術館の脇には市立図書館が併設されていました。使われているのはケヴィでしょうか?
ホワイトで小さいサイズのようでした。

そしてトロメオのフロアランプも。
祝日の為か、中には入れませんでしたが、素敵な図書館のようです。
入ってみたかったですが残念。


「創造の広場」便箋と封筒、猪熊弦一郎の「私の履歴書」という本を購入しました。
買ったそうそうに、メトロクス:小野寺隊長に貸し出してしまったのですが、
そういえば彼女にかした僕のバイブル「野菜炒め天国」が帰ってきたのは
貸してから約1年半後だったことを思い出しました。
今回は早く返してもらって読もうと思います。

そんな久し振りの楽しい旅でした。思わずいろいろなものを
買ってしまいましたが、これも良い思いでの品々。
益子の濱田庄司Tシャツの宣伝も出来たし、とても有意義な時間でした。
行ったことのない土地でいろいろなものを見て、お気に入りのものを
買ったり、おいしいものを食べたり。
次は鳥取か石川に行きたいです。卯之松堂の畑漆器店の畑さんや
喜八工房の酢谷さんとも約束しているし、いついこうかな~。
高梨良子さんの工房なんかもお邪魔したいなあ~。
2012年には達成したいです。

そして、いつものおまけ。
僕のひそかなコレクションである、「ご当地ピン」シリーズ。
今回は、岡山と広島。

諸事情により5個だけしかガチャガチャできませんでした。岡山ではいいものが
でなかったのですが、広島では「厳島神社」と「宮島杓子」をゲット!
この2個は欲しかったものなので、笑顔で旅を終えることが出来ました。
ご当地ピン、みなさんご当地へ行かれる際には是非。

芹沢銈介図版のハンカチーフとカレンダー

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
クリスマス寒波、ということで3連休の間にぐっと冷え込んだようです。
私はもともと寒がりなので、家でブランケットにぐるぐる巻きになっているのですが、それでも寒い。
そんな私が最近見つけたとてもいいものをご紹介します。

その名も「ぬかぽん」。

これは、レンジで温めると温かさが一定時間持続するものなのですが、
中身がなんと、米ぬかと海水塩と玄米です。
米ぬかは空中の水分を吸収して、温められると水蒸気となって水分を放出する性質があるそうで、
乾いたカイロとは違い、しっとりとした水分がたっぷりの温かさです。匂いもお米。
これで肩や腰を温めるのが最近の日課となっています。

作っている方は新潟県の「はつめ舎」さんというところ。
私は地元と言う事もあり、愛着がわきます。

さて、今回は芹沢銈介さんのハンカチーフをご紹介したいと思います。
こちらは綿100%の薄く繊細な手触りが特徴。
柄は4種類です。


透けるほど薄く、さらさらとして手触りがとても良いです。


柳文 840円

赤色がアクセントになっている、楽しげなしだれ柳の模様です。
連続した柳の葉が、パターンの様になっています。


州浜型四季文 840円

前回ご紹介をした大判風呂敷と同じ柄のグリーンです。
こちらは少し落ち着いた印象で、男性の方にもお勧め。


文字入四季文 840円

四季折々の風景が文字と共に描かれています。よく見ると、つばめやタンポポが。
鮮やかなブルーの生地にピンクのコンビネーションが華やかです。


蔬果文 840円

落ち着いたとても綺麗なエンジ色の生地に、果物や野菜が描かれています。
裾の方に模様が配置されているのでとても上品な印象です。

同じ芹沢さんの図版を基にしたカレンダーは年度ごとに絵柄が代わり、楽しみな一品。


芹沢銈介 卓上カレンダー 1,103円

どちらも、ちょっとしたお土産やお年始にぴったりです。

メトロクス東京のショップは12/29(木)まで、来年は1/5(木)からの営業です。
また、12/29(木)は展示の入れ替えの為、18時までの営業時間となります。

オンラインショップについてはこちらをご覧ください。

今年もあと残す頃わずかとなりました。
2011年もエヌクラフツブログをお読み頂いて、本当にありがとうございました。
来年も日本手仕事の作品の魅力について、そしてより楽しい情報をお届けできるよう、精進したいと思います。
皆様、よいお年をお過ごしください!

風呂敷でつつむ贈りもの

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
先週はクリスマスプレゼントのご紹介をしましたが、
今週はその包み方です。

赤や緑、華やかなクリスマスらしいラッピングも素敵ですが、
あえて風呂敷でつつんでみるのも楽しいですよ。
例えば、ワイン。このシーズンおうちで集まる事も多いかとおもいます。
その手土産に…


ワイン2本。これを包みます。芹沢模様の風呂敷を使います。


洲浜型四季文 90×90cm 2,100円

くるくるっと包んで両側を結ぶと、こんな感じに。

これ、持つところが付いているので、このまま持ち運べます。

包んで、さらに機能的。これはおすすめです。

その他、ギフトボックスも風呂敷で包むとラッピングペーパーとは
一味違う雰囲気に。


いろは文 ベージュ 70×70cm 2,100円


サメ小紋 エンジ/紺 50×50cm 630円

サメ小紋は裏と表で柄、色が違う両面染めなので、結び方を変えて裏側の色を見せても面白いです。
ラッピングの紙は捨ててしまう事が多いけれど、これならプレゼントを開けた後にも使えるので
貰った方も嬉しい。

風呂敷の結び方は色々な本が出ていますが、京都「宮井」さんのウェブサイトで見る事ができますよ。
今年のクリスマスは風呂敷で贈り物を。
お正月にも使えます。

芹沢卓上カレンダープレゼント/鈴木稔さんのカフェオレボウル

こんにちは!メトロクス、ヨダです。
ついにサイトがリニューアルオープンいたしました!
新しくなったサイトはこちら!

トップページの印象ががらりと変わり、すっきりとして柔らかい雰囲気になりました。
また、カテゴリーをクリックすると、スクロールせずとも商品が一覧で見られて便利です。
みなさま、どうぞ新しいエヌ・クラフツウェブサイトも宜しくお願いいたします。

そして、このリニューアルを記念いたしまして、「芹沢卓上カレンダー2011」を
エヌ・クラフツ商品を1万円以上お買い上げのお客様、先着30名にプレゼントいたします!
このカレンダーはとても人気があり、毎年完売となっているシリーズなのです。

2011年度版はこちら。

専用の透明なスタンドがついてきます。

色鮮やかなカレンダー、デスクがぱっと明るくなります。

一枚一枚の図柄はこちらで!

また、只今店頭には鈴木稔さんの「カフェオレボウル」を期間限定で販売しています。
こちらは薪を使って窯で焼かれており、一つ一つ個性的な表情です。

薪の場合は、窯の中でどの位置に置くかで中の温度が異なり、その温度の差が
釉薬に豊かな表情を与えるのです。
入荷したものの中からいくつかご紹介します。

同じかたちですが、それぞれまったく違う表情。各6,300円です。
これで温かいカフェオレや、お茶を飲むと本当においしいです。
うつわが違うだけでこんなにおいしくなるなんて!とびっくりします。
これからの季節にもぴったり。

こちらは店頭のみでの販売です。
一つとして同じものはないので、お気に入りを見つけてくださいね。