鍋敷き

幾何学なジャパンクラフト

こんにちは、メトロクス・タカダです。

本日のブログでは、直線、三角形、四角形など図形を展開したような、幾何学的な模様やかたちの日本のクラフトアイテムをご紹介いたします。無機質でシンプルなデザインの中に、丁寧な手仕事による暖かさを感じることができます。

組子コースター 胡麻殻つぶし 1,620円(税込)
_MG_5333-min
続きを読む

お気に入りの鍋敷きを見つけませんか

こんにちは、メトロクス・タカダです。

ますます暖かい食べ物がおいしい季節になりました。
お鍋や、グラタン、スキレットで調理したお肉料理など
出来たてアツアツを食べたいですよね。

そんな時に必要な鍋敷き!

食卓に並べるテーブルウェアの中では、使用頻度が低く
鍋に敷かれて、まさに縁の下の力持ちといった存在。

たくさんは必要ないけど、無いと不便ですよね。
だからこそ、長く使えるお気に入りの一つを持っていたいところ。

本日は、鍋敷きに注目をして、商品のご紹介をいたします。
もちろん、ギフトにもおすすめです。

image_main

まずは、こちら。様々なモチーフを独自の視点から創り上げる
鉄器職人・馬場忠寛氏が手掛けた、抽象的デザインの鍋敷です。

03
馬場忠寛 鍋敷き 路 ¥5,616(税込)

一筆書きでなぞったような有機的な形が特徴の放射状の形は
ぐるぐる周る路のよう。足部分にはゴムのカバーがついているので
卓上を痛める心配がありません。

03_02
鍋をのせるとこんな感じに。
不規則に飛び出た部分が、とても表情豊かです。

そして、南部鉄器を製造している鉄器工房「釜定」の鍋敷きです。

00
釜定 パネル 210 ¥6,480(税込)

鉄器のずっしりとした重厚感と整然とした美しさが魅力の鍋敷きです。

00_01
ハリオのケトルをのせました。横に広くとても安定感があります。
両サイドに飛び出た半円状の輪っかをフックなどに掛けて収納することが出来ます。

※「釜定 パネル 210」は入荷待ちとなっております。
 入荷時期は未定となりますが、ご予約なども承ることが可能です。
 まずはお問合せください。

次に、日本建築独自の装飾「組子」の技術を用いた木製の鍋敷き。
規則的な幾何学模様の美しさが特徴です。
01
組子 鍋敷き 龍爪麻ノ葉 ¥4,860(税込)

組子は、正確にカットされた細かな木片を手作業で組む、
わずかな誤差も許されない精度の高い技術です。
規則的な幾何学模様の美しさは熟練した職人の
正確無比な手作業により生み出されています。

01_02
清岡幸道氏のフライパン(小)をのせるとこんな感じに。
直線的ですっきりとしたデザインであると同時に、木ならではの
柔らかな雰囲気も持ち合わせており、陶製品、鉄製品、
どんなアイテムにも似合いそうです。

そして、山形鋳物のメーカー、鋳心ノ工房で製作されている
芳武茂介氏デザインの鍋敷きです。

02
鋳心ノ工房 芳武茂介 鍋敷き 角寄せ ¥3,240円

こちらは南部鉄器とはまた違った特徴を持っていて
高度な鋳物技術を駆使して肉厚を薄く整え、鋳肌の美しさを
つくりだす「薄肉美麗」という山形鋳物の特徴を表現した逸品。
オブジェとしても楽しめる造形です。
表面には本漆焼き付け仕上げが施されています。

芳武茂介氏没後、13回忌にあたる2005年11月に企画された
「芳武茂介展〜近代デザインの実践と産業化の足跡〜」
の開催を記念して復刻生産された鍋敷きです。

02_02
セラミックジャパンのティーポットをのせるとこんな感じに。
コンパクトなサイズ感。そして、デザインが特徴的で、他にはなかなか無いものを
お探しの方におすすめです。

おまけに、もう一つ。
04
MAROC 開閉式鍋敷き ¥10,800円(税込)

ドイツのステンレスメーカー、カール・メルテンスの鍋敷き。
1919年創業の老舗で、日本の職人にも通ずるクラフトマン
の技によってつくられています。

そして、こちらの鍋敷きの最大の特徴は、鍋に合わせて
花が開くようにサイズ調整ができる点。

04_01

最大245mmまで広がるので、小さなココットから大きなお鍋まで
サイズを問わずお使いいただけます。

04_02
とても利便性が高い鍋敷きです。
これ一つ持っていれば、
どんな大きさの器でも対応していただけます。

鍋敷きをどこかに引掛けて収納することも多いと思いますが、
それが自然とインテリアの一部となります。
壁に掛けて楽しめるデザインかどうか、、、
そこも購入の決め手になりますね。

メトロクス東京には、ブログでご紹介できなかったアイテムも
いくつか取り揃えております。

是非、お気に入りのアイテムを探してみてください。

置いておきたい、オブジェになるコースター

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

さて、

01

02

この不思議な幾何学模様は、

03

組子のコースターです。

04

置いておくだけでも、テーブルが華やかに。
食卓のアクセントになりますね。

05

熟練した職人の正確無比な手作業により生み出された
手のひらサイズのこのコースターから、
日本建築独自の装飾技術である「組子」を
身近に感じることができますよ。

そして、私は組子の鍋敷きを、
ボビーワゴンの上に置いて使っています。

07

06

ボビーワゴンは、
調味料入れとしてコンロの近くで使用しているので、
こんなふうに、
ケトルや鍋の一時避難場所になっています。

何も上に乗っていないときは、オブジェみたい・・・
という理由をつけて、
ずぼらな私は、
いつも使った後は片づけず、
そのまま置きっぱなしです。

ギフトに最適「組子」コースターと鍋敷き

こんにちは、メトロクス・タカダです。

東京では、いよいよ桜が開花し、本格的に春を感じる季節がもうすぐそこにやってまいりました。
お祝い事が増えるこの季節、贈り物にぴったりな猪俣美術建具店の 「組子 コースター」と
組子 鍋敷き」をご紹介いたします。
20160328_06
もともと障子や欄間の装飾に使われる「組子」の技術を生かし、コースターや鍋敷きを作りました。
製作している猪俣美術建具店は、新潟県上越市で、「組子」を用いた建具を製作している工房です。

正確にカットされた細かな木片を手作業で組む技術は、ほんのわずかな誤差も許されない非常に
高度な技で、間近で見ると、その繊細さに驚かされます。0.1mmという、髪の毛の太さ程の単位で
精度が大きく左右されるほど。
01

この小口の面取りがご覧いただけますでしょうか。完璧な仕上がりです。
20160328_01

セラミックの器にも相性が良いですが、グラス越しに見える模様を楽しんでいただくのが
おすすめです。
20160328_10
上からのぞくとこんな感じに。
20160328_11

20160328_12

柄も5種類ご用意していますので、ご家族でそれぞれ専用コースターとしてお使いいただく
のも良いですし、その日の料理や器に合わせて使い分けていただくのも良いかと思います。

柄の名前は画像の左上から順番に「胡麻殻亀甲(ごまがらきっこう)」、
「重(かさ)ねりんどうくずし」、「麻ノ葉(あさのは)」、
下が「桔梗麻ノ葉(ききょうあさのは)」、「胡麻殻(ごまがら)つぶし」です。
素材はヒノキを使用しているため、ほのかに木のいい香りがします。

20160328_13
鍋敷きは3種類の展開で、より強度のあるサクラを使っており、色味や表面の節にも渋さが
感じられます。

画像の左上が「桜亀甲(さくらきっこう)」、右上が「龍爪麻ノ葉(りゅうそうあさのは)」、
下が「八重桜亀甲(やえざくらきっこう)」。
20160328_09

20160328_07
飛び出した組みの部分が小さな飾りとなり、シンプルな器にも、さりげない華やかさを
演出してくれます。
20160328_08
「組子」のその模様は200通りを超え、様々な幾何学模様の美しさが魅力です。
また、いずれも模様は、それぞれに縁起の良い由来があり、お祝い事でのプレゼントに最適です。

20160328_05
鍋敷きとコースター、いずれもギフトボックスをご用意しておりますので、
ラッピングも承ります。お気軽にお申し付けください。

メトロクス東京では、すべての種類を店頭で展示しております。
是非、手に取ってご覧ください。ご来店を心よりお待ちしております。